ウーマン

ノロウイルスから身を守る予防法|感染リスクを激減させる安心対策

つらい症状を引き起こす

ウィルス

ノロウイルスは一般的な風邪とは異なる症状が現れます。特徴的なのがとてもつらい下痢や嘔吐です。最低でも数日間はこの症状に苦しめられることになるので、恐ろしい感染症だと言えるでしょう。

More Detail

簡単な感染予防

女性

ノロウイルスは消毒液などの耐性がついているため、徹底的な殺菌を行なわなければ死滅することがありません。手洗いやマスク着用を徹底するだけでも予防効果は高まります。

More Detail

感染時の注意点

マスクをする女性

嘔吐や下痢によって脱水症状を引き起こす可能性があるので、スポーツドリンクなどでこまめな水分補給を行なうことが大切になります。症状を抑える薬は治りを遅くしてしまうことがあります。治療の際は医師の指示に従いましょう。

More Detail

流行するウイルス感染

マスクをする女の人

流行型のウイルスは例年に比べて感染力が高まっている可能性があります。インフルエンザのように毎年流行るような感染症はワクチンが存在するのですが、感染が拡大するうちにウイルス自体が抗体を持つようになり、ワクチンだけでは予防出来ないという状態になってしまいます。新型のウイルスはとても危険なので、しっかりと予防を行なっておくことが最も大切になるのです。しかし、念入りな予防を行なっても感染のリスクが高いウイルスがあります。それがノロウイルスです。食品からの感染、または人から人へと感染することが多く、寒い季節になると爆発的に流行します。インフルエンザと同時期に流行ることで知られているのですが、感染力はノロウイルスの方が高いと言って良いでしょう。飛沫感染だけでなく空気感染や接触感染によって媒介されるので、集団組織内に感染者が出てしまった場合には一気に感染が広がってしまうでしょう。

ノロウイルスに汚染された食品を食べることで食中毒を起こすことがあります。牡蠣などの生モノはノロウイルスの感染リスクを高める食品として知られているのですが、飲食店で提供されるような場合であっても注意が必要です。ノロウイルスは加熱処理を行なうことで死滅するため、生モノではなく加熱されているような食品を食べるようにしましょう。特に感染者が多くなる十二月から一月までの季節は、生モノを避けた方が無難です。しかし、ノロウイルスで汚染された食品を調理したキッチンをそのまま使用した場合、ウイルスはどんどん媒介されることになります。ごく微量のウイルスであっても経口感染によって体内に入り込み、つらい症状を引き起こすことになるので、徹底的に対策を行なうことが重要です。